心の病に対する新しい病気の考え方は価値観が影響

新型うつの症状

女性 ディスチミア症候群やディスチミア親和性うつ病は、自分の現状をどうにかしたいという気持ちが、上手く消化できないのがきっかけと言われています。この病気と障害を混同しないよう、正しい知識を身に付け、専門家の無料相談などを活用しましょう。

詳しく見る

医学的には認められない病

レントゲン 従来のうつ病とは違った症状の新型うつ病と言われるディスチミア症候群とは、わがままなどと思われてしまいがちですが、これも心の病だということは間違いありません。その人の個性だと考えて周りも理解を深めていける世の中になって欲しいですね。

詳しく見る

新型うつ病とも呼ばれる

看護師 ディスチミア症候群は新型うつ病とも呼ばれており、若い世代に多いことが特徴的です。従来のうつ病とは違い、薬物療法は効きづらいとされており慢性化しやすいとも言われています。薬物療法の他にはカウンセリングや心理療法も効果的とされています。

詳しく見る

若い年代に多い病気です

診察 ディスチミア症候群は、新型うつ病とも呼ばれており、若い年代の人に増加傾向にあります。一般的なうつ病に比べると、抗うつ剤などの内服薬が効きにくいなどの特徴があります。認知行動療法やカウンセリングなどの精神療法がお勧めです。

詳しく見る

うつ病の種類

悩む男性 うつ病の一種であるディスチミア症候群は一般のうつ病よりも症状が軽い場合が多いのですが、長く続きやすいので適した治療が大切です。その場合には医師に相談し、仕事内容や本人の考え方を変えるなどの治療を受けるとプラスになりやすいと言えるはずです。

詳しく見る

種類がある

悩む女性

元気なときは要注意

現代社会のストレス対策としてメンタルヘルスに対する意識を高めることや、周りに認知してもらい「うつ病」などの症状を緩和する方法が実施されています。そしてメンタルヘルスの代表的な病気でもあるうつ病にも種類があり、「ディスチミア症候群」と呼ばれるものも増えてきている傾向にあります。どのような症状になるのかというと、仕事にいくとなるとやる気が出なくなりうつ病の症状を発症しますが、自分の好きな遊びになると元気になる症状です。ちょっと聞くと都合のいい感じが見えるために病気としての位置づけが微妙になりますが、このディスチミア症候群はちゃんとしたうつ病の一種といえます。本質的には、わがままや自己中心的な考えが支配しているので、甘えというとらえかたもできますが、責任が自分ではなく他人にあることも特徴です。通常のうつ病と比べると仕事のときだけやる気がでない傾向なので、家庭にいるときは元気なため家族は助かっていることもわかります。しかし、病気としての位置は変わりませんので、日常生活のために働くことを優先させることも病気を完治させる理由です。

ディスチミア症候群にかかっていると診断された場合に気をつけなくてはいけないことは、まず病気としてみなくてはいけないことです。家族が仕事はダメだが遊びは大丈夫という、一見当たり前のように見える感情の取り方が、進行するかもしれないと感じることもあります。職場での人間関係が悪化することで仕事が嫌になることが一番にあり、もちろん本人の資質の問題も見逃すことができません。また仕事で考えられるプレッシャーでは重過ぎる役割にいるとすれば、自分には背負いきれないという気持ちの表れが仕事のやる気を奪う可能性もあります。心療内科などの専門病院でカウンセリングを受けるときに、職場の人間関係などを話してみたり、もしかしたら自分が変らないといけないと感じる人もいます。積極的にディスチミア症候群と向き合うには、心療内科で臨床心理士に相談をしてストレスチェックをしたり、カウンセリングで仕事のプレッシャーの解放が見えてくることも可能です。まずは自分ひとりで解決できると楽観的にならずに、専門医にアドバイスをもらうことでディスチミア症候群がわかってきます。

Copyright© 2019 心の病に対する新しい病気の考え方は価値観が影響 All Rights Reserved.