心の病に対する新しい病気の考え方は価値観が影響

うつ病の種類

悩む男性

適した治療が大切です

ディスチミア症候群とはうつ病の一種であり、一般的なうつ病よりも軽度ではありますが、認知的な問題が生じたり疲労感が出るなどの症状が出ます。そしてこの場合は仕事の際に体調が悪くなることが多く、その原因が自分ではなく他人のせいだと感じる可能性が高いので仕事を続けにくくなることが多いと言えます。また、30歳前後という若い年齢で発症しやすい病気であり仕事を休養をする人がたくさんいますが、その場合には休むことが癖になり症状が続くことも多いので注意が必要です。この病気では、仕事を軽減したりその内容を変更するなどの変化を行った上で復職すると病気が改善する可能性があります。さらに復職支援のプログラムも存在し、この場合には集団の場での治療を行うことによって考え方などを変えて仕事に戻りやすくなるようです。このようにディスチミア症候群はすぐに回復しない可能性もありますが、これを治して仕事を続けられる利点のある方法も探せるので病院で医師に相談してみると良いでしょう。

ディスチミア症候群では薬や休養などの治療法もありますが、完全に治したい場合には医師と相談して職場での辛さの原因をしっかりと調べてそれを改善することが大事です。そしてこの病気で患者が職場のせいだと考えているときには、担当医が職場の人からも状況を聴くようにすると本当の状況が分かりやすくなるはずです。また、精神科や心療内科では心理療法も行えるので、仕事の仕方を変えるだけでなく患者の見方や行動の仕方なども変えて適した方法になる可能性があるでしょう。なおこのような結果を希望する場合には、この種の病気に関する体験の多い医師のいるような病院を選んで受診することをお勧めします。以上のようにディスチミア症候群ではその状況の受け取り方を変えることが大切であり、抑圧されていると思う状態から離れることによって辛くない仕事が可能になります。そしてこの病気の患者の場合にはうつ病の診断に協力をする人が多いと言われているので、それだけに適したところをしっかりと選んで通うことが大切と言えるでしょう。

Copyright© 2019 心の病に対する新しい病気の考え方は価値観が影響 All Rights Reserved.