新型うつ病とも呼ばれる|心の病に対する新しい病気の考え方は価値観が影響

心の病に対する新しい病気の考え方は価値観が影響

新型うつ病とも呼ばれる

看護師

若い世代に多い症状

うつ病は常に気分が沈み、落ち込む症状が強く出る傾向にありますが、新型うつ病とも呼ばれるディスチミア症候群は従来のうつ病とは違う症状があるのが特徴的です。ディスチミア症候群は20〜30代の若い世代に多いとされています。仕事などの際はうつの症状が出る傾向にあり、遊びやレジャーなど好きなことをしているときは症状が軽くなり、元気になることも従来のうつ病とは違うところです。それゆえ、周囲からは病気と思われずに、ただわがままな人、自分勝手な人と思われてしまうことも少なくありません。医学的にも明確な判断基準はなく、うつ病と判断されないこともあると言われています。とはいえ、こうした症状に本人は苦しんでおり、治療での改善を希望している人も多いものです。従来のうつ病では、投薬による治療が効果的とされていますが、ディスチミア症候群の場合は、薬が効きにくく慢性化しやすい傾向にあります。医療機関で治療を受ける際も、新しいタイプのうつ病の治療に対応しているか、病気に対する豊富な知識を持つ医師が在籍しているかはよく調べておきたいところです。

ディスチミア症候群のディスチミアは気分変調という意味があり、気分変調障害とも呼ばれています。典型的なうつ病の場合は、自分を責める傾向にありますが、ディスチミア症候群の場合は上司や親など周囲の人を責める傾向があることも大きな違いです。それゆえ、他人に対する攻撃性が強くなる場合もあります。治療方法としては、薬は効きにくいとも言われていますが、抗不安薬や抗うつ薬、睡眠剤などが処方されることもあります。この他では医師によるカウンセリングや精神療法も改善に役立つとされています。食欲の変化にも注意したいところですが、典型的なうつ病の場合は、食欲が低下し、体重も減少する傾向にあります。これに対してディスチミア症候群は過食傾向で体重も増えやすいという違いがあります。うつ病の人は午前中に不調を訴えることが多くなっていますが、ディスチミア症候群の場合は夕方から夜にかけて気分が落ち込むことも大きな違いです。うつ病の場合は、周囲の人が励ますことは自身を追い込ませることにつながりますが、ディスチミア症候群の場合は多少の励ましは良い結果につながることもあるとされています。

Copyright© 2019 心の病に対する新しい病気の考え方は価値観が影響 All Rights Reserved.