心の病に対する新しい病気の考え方は価値観が影響

医学的には認められない病

レントゲン

時代と共に心の病の形も変わる

ディスチミア症候群とは、新型うつ病とも呼ばれるうつ病の一種です。明確な診断基準がない為に、医学的にはうつ病として扱われないことも多いそうです。今まで主にうつ病とされてきた、自分を追い込んでしまうタイプのものとは異なり、趣味や遊びは楽しめるのに仕事になると元気が出なくなるという、まさに新しいタイプのうつ病がディスチミア症候群と呼ばれます。また、ディスチミア症候群は自責感に乏しく多罰的で、うつ病で仕事を休んだりすることに抵抗がないどころか、それを望む傾向があるそうです。今まで知られてきたうつ病は、真面目で責任感が強すぎる人が発症すると思われていたうつ病ですが、新型はそれとは対照的に真面目さや責任感が希薄で、更にうつ状態にしがみつくという、一見わがままに感じてしまう症状なだけに理解してもらうことも大変かもしれない。そこには現代の人に多くなりつつある自己肯定感が高い、自分は能力があるのにという気持ちが働くことも原因の一つとしてあるそうです。従来のうつ病よりも新型のうつ病の方が、慢性化して治りにくいものと言われますがそもそも特効薬などはありません。周りの人の協力が必要不可欠なので、わがままだと突き放したりせずに理解を深めることから始めましょう。

ディスチミア症候群は心の病になる為、その治療もまた簡単ではありません。症状にダイレクトに効く薬もありませんので、心に寄り添うことや周りの協力も必要になってきます。だからこそ、通院などで症状の軽減に努めていく際には、自分に合った病院やクリニックを探すことが重要です。それには、自分の症状とディスチミア症候群というものをしっかりと理解したうえでどうしていきたいかなどを考えて、それに合ったカウンセリングなどのメニューを組んでいるところを見つけましょう。分からない場合は、電話などで詳しく聞いてみるのもいいかもしれません。一番大切なのは、心の病を人に理解してもらうことは難しいということを、自分自身がまず理解することです。それを治したいということは、今の症状や気持ちの変化などを専門医に伝えないことには、治療にも段階が多く必要になってきます。しっかりとまとめて伝えようとするのではなく、自分の言葉で悩みを吐き出して、どうしていきたいのかを心のままに伝えればいいのです。そしてそれに寄り添ってくれる、安心してお話が出来る専門医に出会えたら、一緒に改善に向かっていくことを始めましょう。

Copyright© 2019 心の病に対する新しい病気の考え方は価値観が影響 All Rights Reserved.