心の病に対する新しい病気の考え方は価値観が影響

若い年代に多い病気です

診察

病気の特徴や治療方法を知っておきたい

現代は、学校や職場でも人間関係が複雑になっているため、うつ病などの精神疾患に罹る人が増加しています。ディスチミア症候群は、新型うつ病とも呼ばれており、一般的なうつ病とは違った症状が見られます。ディスチミア症候群は、学校や職場などでは強いストレスを感じており、気分の落ち込みや意欲の減退、欠勤や遅刻が増えるなどの変化が見られます。一般的なうつ病の場合は、趣味や娯楽などの好きなことをしても、気持ちが晴れないことがほとんどです。ディスチミア症候群は、自宅やレジャーなどで好きなことは楽しめるなどの特徴があります。周囲の人には甘えや怠けなどと感じられることが多く、理解が得にくいなどの特徴があります。一般的なうつ病とは違って、他者のほうが自分よりも悪いと感じていることが多いです。自己中心的でわがままな性格の人に見られることがあります。うつ病は中高年に多いイメージがありますが、比較的若い20代、30代に多くみられる病気です。気になる症状が見られる場合は、精神科や心療内科を受診することが大事です。

ディスチミア症候群は、職場や学校ではうつの症状が見られるため、仕事でミスが増えたり、成績が急に下がることがあります。気分の落ち込みや意欲の低下、イライラなどが見られることが多いです。ディスチミア症候群は、一般的なうつ病とは違っているため、抗うつ剤などの内服薬の効果が出にくい場合があります。過度なストレスを感じている場合や、人間関係の悩みを持っている人は、カウンセリングなどの精神療法が有効です。精神科の病院やクリニックでは、認知行動療法の治療が受けられる所が増えています。認知行動療法は、大変ポピュラーな治療法になっており、間違った考え方を改善する効果があります。ディスチミア症候群は、新型うつ病とも呼ばれており、若い年代に増えています。一般的なうつ病の場合は、励ましや叱責などはしないほうが良いですが、ディスチミア症候群はある程度の負荷を掛けたほうが、病気が良くなることもあります。学校や職場などで辛いことがあっても、休職や休学をしないほうが良いケースもあります。

Copyright© 2019 心の病に対する新しい病気の考え方は価値観が影響 All Rights Reserved.